月の誕生に関する新たな説が。気化した岩石の雲の環「シネスティア(synestia)」から出現したとする説(米研究)

science-3191080_640_e

 月の誕生に関する最も有力な説と言えば「ジャイアント・インパクト説」がある。

 これは巨大衝突説とも呼ばれ、数十億年前に原始地球と火星サイズの大きさの天体が衝突したことにより月が形成されたという説だ。

 だが新たに判明した事実がこの学説に疑問を投げかけている。

 

続きを読む

Source: カラパイア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です