点滴で生き延びる樹齢700歳の巨木、ベンガルボダイジュ(インド)

5_e6

 インド・テランガーナ州マフブーブナガル地区にある樹齢700年のベンガルボダイジュが、点滴を受けながら生きている。今のところ、生き残りの為にはこれ以上の方法はないようだ。

 ベンガルボダイジュの巨木は、シロアリと樹齢のせいで瀕死の状態だった。観光客による被害もある。そこで地元の人たちが、木を救うために立ち上がり、枝から点滴を挿入した。これが効いて、木は息を吹き返している。

続きを読む

Source: カラパイア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です