5月病に負けない! リフレッシュ方法5選

GWの大型連休も今や昔。GW中を楽しみまくった代償に、多くの疲労や疲れが残っているのではないでしょうか?

悲しいことに、次の祝日は7月16日(海の日)まで来ないです(笑)

体の不調は知らず知らずの内に蓄積されていくものでして、今から気軽にできるリフレッシュ法を5つ紹介いたします。

 

1薬用入浴剤【kankai(かんかい)】


疲れた体にこそお風呂の湯船は身体中に染み渡る気がします。より疲労回復に繋がるような入浴剤がkankai(かんかい)です。

『カンカイ』は、医薬品と遜色ない水準で製造管理された国内工場で
品質にも徹底した管理・検査を行い、ひとつひとつ丁寧に作られています。
また、体に悪いと考えられるダメージ成分は一切不使用の無添加ですので
長期スパンでも納得してお使い頂けます。

さらに生薬の香りとローズの香りで
ゆっくり、湯船につかり身も心もリフレッシュできるよう
香りにもこだわっております。

通常の疲労回復にもうってつけですが、リウマチ・神経痛・自宅温浴ケアを目指す方にも効果抜群です。

↓↓薬用入浴剤【kankai(かんかい)】の詳細はこちら↓↓


2極楽足台

ゴールデンウィークは国内外問わず、多くの方が旅行に行ったと思います。普段乗り慣れない、バス・飛行機・車・電車での移動は足へかなりの負担をかけております。そんな長距離移動の心強いお供がこの「極楽足台」です。持ち運び便利で、パッと広げるだけで組み立てが不要の足台で、三角形の先端部分が土踏まずを心地よく刺激してくれて、お疲れ足も極楽です。

靴の収納も可能なので、脱いだ靴の置き場所にも困りません。
足のつかれ・ムクミをリフレッシュしてくれることと思います。

↓↓【極楽足台】の詳細はこちらから↓↓

 

3 首ストレッチャー

こちら、自分の頭の重さを利用して自然に首のストレッチができる画期的なクッション「首ストレッチャー」です。

ここに5分寝るだけで、ストレスで凝り固まった筋肉がほぐされ、首筋がスッキリします。
頸部を支える凸面が、首の付け根のポイントを押圧してくれるので、筋肉のリフレッシュにもなります。
素材はポリウレタンフィームですので硬すぎず、やわらか過ぎない心地良さです。

↓↓【首ストレッチャー】の詳細はこちらから↓↓

 


4 VITAFUL(ビタフル)

某有名ウェブマガジンでも取り上げられたことのあるVITAFUL(ビタフル)。ご存知の方もいるのでは?

一本約500回吸引でき(吸引時間等により個人差があります。)、使い切り式でメンテナンス0。ハイパフォーマンスなコスパを実現しました。

安心のMADE IN JAPANで、身体にも環境にも優しいこだわったフレーバーミストにより、これまでとは違う「味、質、吸感」を実感でることと思います。

↓↓【VITAFUL(ビタフル)】の詳細はこちらから↓↓


 

5 EPARK(イーパーク)からだリフレ

体の不調は知らず知らずの内に蓄積されていくものです。一度専門家のプロの目を通してメンテナンスしておくもの一考です。こちら、整体院の検索&予約サイト<EPARKからだリフレ>は、
時間を気にせず、24時間、いつでもどこでもWEB予約ができるサイトです。

お買い物ついでに、お体が疲れた時に、疲れた身体にちょっぴり贅沢を。
全国約3,000店舗からお客様に合った整体院がきっと見つかります。


↓↓【EPARK(イーパーク)からだリフレ】の詳細はこちらから↓↓

 

ここまで様々なリフレッシュのアプローチ方法をご案内してきました。どれも気軽にできるリフレッシュ法で厳選したので、目についたもの、気になったものから試してみてください♪♪

Source: 暇人ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です